賃貸の火災保険について

賃貸でも火災保険に

Google

良い賃貸住宅のための情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸の火災保険について

新着情報

賃貸の火災保険は入りましょう

賃貸契約の際に気になるのが火災保険です。よく知らない場合、だまされてるような気がしますが、そうではなく入居者を守るためでもあるわけです。たいていは管理会社が指定した会社の火災保険に強制で加入することになります。その際「借家人責任賠償特約」は必ず入っておくべき特約になります。賃貸物件といえども火災を起こした場合、家主に弁償しなければなりません。その金額も1000万円から2000万円くらいです。実際にはそんな金額は払えませんので、保険に加入しておいたほうがよいことになります。費用の面でも月額にしても数百円ですので、気にせず入っておきましょう。

入居者の強制加入となる火災保険

賃貸マンション及びアパートの契約においては、火災保険に入ることが強制となっています。ただ保険の種類に関しては、大家さんの用意した保険への加入を強制する場合と任意で保険会社と保険の種類を選べる場合の2つのケースがあります。例えば、任意で保険を選んだ場合で、家財保険のみの安い保険(相場は¥4,000.-~¥5,000.-くらい)を選ぶと、万が一入居者の過失によって家事となってしまった場合内装等は自費ということになってしまいます。ですから賃貸のほとんどの場合、大家さんは、家財保険に、入居者の過失によって火事が発生した場合の大家さんに対する借家人賠償責任、階下の水漏れなどを補償する個人賠償責任等をプラスしたセット保険(相場は¥15,000~¥25,000くらい)を強制加入させます。

© Copyright 賃貸探しに役立つ考え方. All rights reserved.